注目

おとこの台所ホームページへようこそ

おとこの台所グループは、オープン・スタンス、自由、フラットの考えに基づき、料理を通じて、定年退職後の男性の活動拠点を運営する団体です。不得手な料理を上達し、地域に仲間を作って、各種のレクレーションを企画・実施するなど、楽しく活発に活動しています。介護予防にも役立っています。
世田谷区社会福祉協議会の支援を受け、世田谷区内10か所(松原、上馬、桜新町、八幡山、上北沢、砧、烏山、野沢、きたざわ、中町)に活動拠点(それぞれを「台所」と呼んでいます。)を設け、総勢300名を超えるメンバーで活動しています。

通算6回目 上野毛あんすこ主催「いきいき講座」出前シェフを実施

11月13日(火)上野毛あんすこ主催で、男性10名、あんすこ職員2名、台所メンバー3名、合計15名が参加して出前シェフをしてきました。男性の最高齢は88歳、最年少は69歳、平均年齢は75.7歳の受講生です。
メニューは、エリンギの洋風炊き込みご飯、キャベツと豚肉に重ね煮(ドイツ風)、大根と豚肉の炒め煮、オクラの冷椀(帆立味)の4品です。
参加者の中には、立っていることも辛い方もいましたが、できる範囲で野菜を切ったりして手伝ってもらいました。台所のメンバーは、みんなが料理できるように段取りをしたり、切り方を教えたりして、できるだけ手を出さない形で調理が進みました。11時半には料理が完成。その後、会食時に参加者めいめいから、今回の体験教室の感想を述べてもらい、多くの方が「次の会にも参加したい」「炊き込みご飯なら自分でもできそう」という発言などが相次いで、和やかに昼食を楽しむことができました。

桜新町で深沢あんすこ「いきいき講座」出前シェフを実施

11月30日に桜新町で深沢あんすこ「いきいき講座」出前シェフを実施しました。受講生は最高齢92才、平均年令82.8才の男女9名、台所メンバー5名とあんすこスタッフ3名を加えて計17名の参加で、全員参加で調理と会食・歓談を楽しみました。メニューは、さつま芋の炊き込みご飯、キャベツの蒸しサラダ、豚汁(牛乳入り)、コキール(鶏とマッシュポテト風味)の4品に室橋さんの手作りアップルケーキ。美味しいとのコメントはもちろんのことですが、ちょっと目先の変わったオシャレな料理(+デザート)を皆さんに喜んでいただきました。やや作り過ぎで食べ切れなかったコキールとさつま芋ご飯は希望される方にお持ち帰りいただき、結果としては完食。ご自宅で作ってみたいとの声も沢山聞こえてきて、やって良かったと思える会でした。参加者の半数はリピーターでしたが、初めての方々を含めた皆さんと来年もまた会うことを約して散会しました。

おとこの台所だより12月をアップ

おとこの台所だより11月をアップしました。
松原だより201号30年12月
桜新町だより第132号30年12月
八幡山だより130号30年12月
上北沢たより第61号30年12月
砧お勝手だより100号30年12月
☆烏山だより92号30年12月
野沢だより56号30年12月
中町だより9号30年12月
きたざわだより創刊号30年12月

平成30年度「至誠会看護専門学校」実習生29名を受入れ

今年9月から11月に至誠会看護専門学校3年生の生徒さん達のほぼ全員29名が、12日間にわたり6か所の台所に分かれて参加してくれました。
毎年のことですが、普段は全く色気のない高齢男性だけの台所に、若い生徒さん達が顔を見せるだけで様子が一変します。メンバーは目の色が変わりますし、生徒さん達の緊張感がメンバーにも伝わり、最初は緊張した空気が流れます。ただ、料理が始まるやいなや賑やかになり冗談を言いながら4品が完成し美味しい食事と会話を楽しみました。
特に今回は、一番気になっていた<入学動機>について個別に聞いてみました。
約半分の生徒さんが「母親が看護師だったので」「親戚に看護師さんがいて関心があった」「身内の人が入院した時の看護師さんが素晴らしかった」等が主たる動機でした。
残りの半分の生徒さんは「一度社会に出て勤務したが、もっと他人の役に立つ仕事がしたい」「介護の仕事や、医療事務の仕事をしていたが、もっと専門的な医療関係の仕事をしたい」など、社会経験をしてから志を新たにしたとの動機でした。
印象に残ったケースでは、「自分が大学生の頃に、専業主婦だった母親が看護学校に入学して看護師になったのに刺激を受けて自分も入学した」「バイオリンを教えているが、バイオリンも看護も<心>と<身体>に一番響くもので人に大変役立つ、との言葉に感動して入学した」とのこと。皆さんそれぞれ高い志を掲げて頑張っているのが今でも心に残っています。来年2月の国家試験には全員が合格して立派な看護師さんになることと思われます。
(文責・写真 名取順一)


一緒に作る喜び


教えているのかな? 教えられているのかな?


いつもと違う満面の笑み

料理の途中で記念撮影!?

 

おとこの台所だより11月をアップ

おとこの台所だより2018年11月をアップしました。
松原だより200号30年11月
桜新町だより第131号30年11月
八幡山だより129号30年11月
上北沢たより第60号30年11月
砧お勝手だより99号30年11月
烏山だより91号30年11月
野沢だより55号30年11月
中町だより8号30年11月

たまごの家で二回目の出前シェフを実施

9月29日、ひだまり友遊会館(若林)にある「たまごの家」への出前シェフ(第二回)を宮崎、別府、実方、川内、伊藤の5名で行いました。 「たまごの家」参加者は、19名で総勢24名の賑やかな会となりました。
メニューは、なすと豚肉の炒め煮(中華風)、冬瓜と鶏ももの煮付、杏仁豆腐で皆さんに完食していただきました。
料理の準備中、たまごの家ではビンゴ大会が行われましたが、野沢のメンバーにも漏れなく景品をプレゼントしていただき楽しい時間を過ごさせていただきました。※第一回目の「たまごの家」への出前シェフは、6月30日に38名参加で行っています。
※「たまごの家」に興味のある方は、インターネットで「たまごの家」と検索してください。
(文責&写真 ・伊藤忠直)


たまごの家

築地市場散策

10月6日で83年の幕を閉じます築地市場を散策する会を開催しました。
10月5日の11時に築地市場駅に集合、参加者は10名です。
市場正面から入り明後日から閉場予定の卸市場を外側から見学しました。
豊洲への引越車と見学者がいっぱいで、場内市場の飲食店はどこも長い列ができ入れませんでした。
波除稲荷神社でお祈りした後に場外市場で各自買物をし、お昼は場外市場はずれの藪蕎麦でやっと一服出来ました。
午後は小雨の中を再度場外市場を巡って解散しました。
築地市場閉場直前の歴史的な様子を少し垣間見る事が出来ました。
(文責;宮崎光曄 )


築地

おとこの台所だより2018年10月をアップ

おとこの台所だより2018年10月をアップしました。
松原だより199号30年10月
桜新町だより第130号30年10月
八幡山だより128号30年10月
上北沢たより第59号30年10月
砧お勝手だより98号30年10月
烏山だより90号30年10月
野沢だより54号10月
中町だより7号30年10月