久しぶりの「ぶらり鎌倉」を実施

昨年の12月以来コロナのために休止していた「ぶらり鎌倉」を開催しました。
11月24日秋晴れの一日 7名で鎌倉のもみじを見にゆきました。
鎌倉駅からバスで浄妙寺へ。足利尊氏の父の貞氏を祭ったこの寺はいつ来てもきれいな寺です。
境内の大銀杏が黄色く色づいていました。続いて近くの一条恵観山荘へ。京都から移設されたこの山荘は重要文化財で、境内の庭園は趣のあるものです。そしてもみじは見頃できれいでした。
その後竹林で有名な報国寺、田楽辻子(ずし)の小道を歩いて、荏柄天神へ。最後は鎌倉宮からバスで八幡宮まで帰り、蕎麦屋で楽しい昼食をして帰りました。

写真・文責(平野 豊)

浄妙寺門前で記念撮影

一条恵観山荘のもみじ

 

 

今年初めての鎌倉めぐり実施

ぶらり鎌倉アラカルトとして2月に計画しましたが、新型コロナの影響で中止となり、今回今年初めての鎌倉めぐりとなりました。
いまだ新型コロナの状況が収まっていないので人数を5名に制限して実施しました。
更に対策として極力個人の参加として団体行動を避けることにしました。12月2日10時に北鎌倉駅改札口に集合しすぐ近くの円覚寺へ。
総門を入って広場に出ると右側のいちょうが見事に黄葉していました。人数も少ないので境内を丁寧に歩くこととし塔頭松嶺院墓地のオウム真理教に殺害された坂本弁護士の墓や田中絹代の墓を見たり高台にある鎌倉一の洪鐘(おおがね)を見て回りました。境内のもみじは残念ながら少しピークをすぎていました。
そのあと東慶寺では住持を務めた後醍醐天皇の息女や豊臣秀頼の息女の墓なども拝観し、浄智寺にも寄った後バスで八幡宮前のそばや繁茂に行き、焼酎のそば湯割りとおいしいぞばを肴に歓談しました。途中小雨に降られる寒い日
でしたが楽しい一日でした。(文・写真:平野 豊)


円覚寺門前にて


円覚寺のいちょう

おとこの台所中町の新年会

令和2年1月20日(月)、おとこの台所中町のメンバー16名が、上野毛駅前の「キタノイチバ」に16時半に集合。金曜日のメンバーと土曜日メンバーが久々に合流して、互いの親睦を図るものである。中町の教室ができたのは、平成30年2月で、この新年会は2周年記念会でもあった。
 高橋代表の乾杯の音頭を皮切りに、会食が始まった。16名という参加者は、絶妙な数で、会場のテーブルには、4人分ずつの鍋、刺し身、サラダなどが所狭しと並び、その間に取皿、小皿、ビールのジョッキ、デカンタ、お湯を入れたポットなど、まさにぎゅうぎゅう状態での飲食である。手がぶつかって、お酒がこぼれたりする光景があちこちで見られても、慌てることなく周りを素早く片付けて、こともなげにお酒が進んでいる。追加の料理を並べる余地がなくなってきた時、令和2年1月就任の平野副代表のするどい下知が飛ぶ。「目の前のサラダのお皿を平らげて、場所を空けてください」と。一同、すぐさま対応できるのも、これも日頃の料理の片付けと並行して準備してきた賜物と云えよう。

「おとこの台所グループ 代表新年会開催」

1月25日に定例のグループ代表会議と兼ねて千歳烏山の「つぼ八」で
新年会を開催致しました。10台所の代表、小竹さん、名取さん、事務局に、
6台所の副代表の方も加わり、楽しく有意義な情報交換の会になりました。
3月下旬にはお花見の会、夏には暑気払いの会などを予定しています。
(文責 水沼良夫)

新年会2020(桜新町)

令和2年1月20日午後4時、三軒茶屋のカフェ・ルマンに賑やかなことが大好きな老童16名が集結して、桜新町恒例の新年会を開催しました。お馴染みの場所で、お馴染みの料理、食って飲んでしゃべって・・・ちょっと変わったのは、冬でもまだ明るい4時開宴と最初の2時間はカラオケ禁止。2時間過ぎたら唄がプラスされて大騒ぎ。
これは年中行事のひとつだからマンネリと言う勿れ・・・新年会をやらないと年が明けないのです(笑)エネルギー補給して、ストレスを発散させる・・・これが活力の源なんです。
今年もみんなで美味しい料理を作ろうと気勢を上げたいつものとおりの新年会でした。
(文・写真: 柏木君夫)


第39回「区民ふれあいフェスタ」に出店!!

12月8日(日)晴天に恵まれた世田谷区役所中庭に、今回は「おとこの台所グループ」として出店した。前日に事前調理を行い、当日は午前9時に集合し、3年前に大変好評だった「チリンドロン」を一杯300円で100食分を準備した。
午前10時販売スタートしたが、ホールでのセレモニーへの参加者が多いためか、ポツンポツンとしか売れない状態がしばらく続いて、今年は売れ残ってしまうのでは・・・・、
とやや心配になった。ところが11時過ぎには入れ替わり、立ち替わり、購入者が多くなり、12時半頃にはお鍋の底が見え始め、午後1時には完売となった。
「チリンドロン」を覚えていてくれた人もいて、また顔を見せてくれたり、食べ終わった人から「美味しかったよ、来年も食べたいな・・・」と言った声も聞かれました。
喜んでいただいた嬉しさ、完売した満足感を味わいながら、心地よい疲れを癒す打ち上げ会を前回同様烏山で行い解散となった。
(文責・写真) 名取順一


「サーこれからスタートだ!!」


「売れ残ってしまうのでは・・・」


「入れ替わり、立ち替わり来店客が・・・」

桜新町・中町合同秋の遠足

桜新町と中町が合同で秋の遠足を実施しました。

11月15日(木)朝9時半に新橋駅に集合した桜新町のメンバー21人と中町のメンバー9人の総勢30名は、小学生の社会科の課外授業さながらの生涯学習ツアー的遠足を楽しみました。

「ゆりかもめ」に乗って最初に訪れたのは青海フロンティアビル20階にある東京臨海部広報展示室「ミナトリエ」。地上100mから東京港を俯瞰しながら、江戸時代からの東京港の歴史を学び、そして現在の姿を目の当たりにしました。

テレコムセンターで昼食をとった後、1300万人の都民の食を支えている豊洲市場を見学。水産卸売棟、水産仲卸売場棟、青果棟、そして管理施設棟・・・広いです。結構歩きました。

最後は、東京都港湾局が運航する水上バスに乗船して東京港一周のガイドツアー。首都圏の生活と産業を支える物流拠点としての港湾機能と、環境対策等の都市機能が融合して進化を続けている東京港を、1時間という限られた時間ではありましたが、実際に目で見ながら理解することができました。また、来年に迫った東京オリンピックの会場のいくつかも目にすることができました。

2つの台所合同での初めての遠足は、ナカナカためになる有意義な1日となりました。30人の団体行動には難しさもありましたが、両台所の交流の第一歩としては上々の企画だったのではないでしょうか。終了後に有志で実施した反省会(?)には19名が参加し、更なる交流を深め、ツアーマネージャーの三国さんの一本締めで19時半に散会しました。
(文・写真: 桜新町 柏木君夫)


ミナトリエで東京高の歴史を学ぶ


水上バスで東京港一周

2019年度「至誠会看護専門学校」実習生31名を受入れ

今回は、3年生全員の35名が参加予定だったが、諸事情があり4名が欠席したものの31名もの生徒さん達が4カ所、11日間にわたり実習参加してくれました。
例年通り生徒さん達は、こんなに沢山の高齢男性と一緒に過ごすことは初めての体験と思われ、緊張感あり、リラックスタイムあり、料理作りを大いに楽しんでいました。
また、入学動機について個別に聞いてみると「祖母のお見舞いに行った時に看護さんの対応に感激して」「自分が通院していた時に看護師さんにあこがれた」等、の他に「一度社会に出て勤務したが、もっと他人の役に立つ仕事がしたい」「介護の仕事や、医療事務の仕事をしていたが、もっと専門的な医療関係の仕事をしたい」など、社会経験をしてから志を新たにしてチャレンジした生徒さんが多かった。さらには「故郷に帰った時に就職がしやすい」と言う生徒さんもいました。
皆さんそれぞれの強い思いで看護の道を目指して頑張っているのが印象的でした。
来年2月の国家試験には全員が合格して立派な看護師さんになることをメンバー
一同心から祈りながら、今年の実習受け入れを無事に終了しました
(文責・写真 名取)

あんすこ出前シェフ2019(桜新町)

10月31日に「深沢あんしんすこやかセンター」とのコラボを、今年も実施。
最もご高齢の参加者は、なんと93歳。(受講生7名の平均年齢は83才強)
みなさん、お元気ですね。
長生きの秘訣は、何事にも興味を持って、自ら行動することと、再認識しました。

今回のメニューは、4品。
1.ボルシチ。
2.海老の飛竜頭。
3.りんごのサラダ。
4.なめことオクラの炊き込みご飯。

「飛竜(龍)頭」は、ひりゅうず?ひりょうず?。どちらの読み方なんでしょうか。
関東人には「がんもどき」の呼び方のほうが、馴染みます。

「なめこ」といったら、味噌汁か、鍋料理か、大根おろしと合わせるか。
それを、炊き込みご飯にするという発想、味の天才にしか、思い付かないですね。

どれも美味しかったと喜んでいただきました(と、思います)。

(記事・写真: 柏木君夫、岡元正史)


みんなで調理


いただきま~す