平成30年度「至誠会看護専門学校」実習生29名を受入れ

今年9月から11月に至誠会看護専門学校3年生の生徒さん達のほぼ全員29名が、12日間にわたり6か所の台所に分かれて参加してくれました。
毎年のことですが、普段は全く色気のない高齢男性だけの台所に、若い生徒さん達が顔を見せるだけで様子が一変します。メンバーは目の色が変わりますし、生徒さん達の緊張感がメンバーにも伝わり、最初は緊張した空気が流れます。ただ、料理が始まるやいなや賑やかになり冗談を言いながら4品が完成し美味しい食事と会話を楽しみました。
特に今回は、一番気になっていた<入学動機>について個別に聞いてみました。
約半分の生徒さんが「母親が看護師だったので」「親戚に看護師さんがいて関心があった」「身内の人が入院した時の看護師さんが素晴らしかった」等が主たる動機でした。
残りの半分の生徒さんは「一度社会に出て勤務したが、もっと他人の役に立つ仕事がしたい」「介護の仕事や、医療事務の仕事をしていたが、もっと専門的な医療関係の仕事をしたい」など、社会経験をしてから志を新たにしたとの動機でした。
印象に残ったケースでは、「自分が大学生の頃に、専業主婦だった母親が看護学校に入学して看護師になったのに刺激を受けて自分も入学した」「バイオリンを教えているが、バイオリンも看護も<心>と<身体>に一番響くもので人に大変役立つ、との言葉に感動して入学した」とのこと。皆さんそれぞれ高い志を掲げて頑張っているのが今でも心に残っています。来年2月の国家試験には全員が合格して立派な看護師さんになることと思われます。
(文責・写真 名取順一)


一緒に作る喜び


教えているのかな? 教えられているのかな?


いつもと違う満面の笑み

料理の途中で記念撮影!?

 

「介護予防リーダー養成講座」受講生の受入れ

今年も港区・多摩市2か所の介護予防リーダー養成講座受講生が、9月1日八幡山に2名、10日烏山に3名参加されました。
おとこの台所についての説明を受けた後、料理をしている様子を見学し、出来上がった料理をメンバーと共に楽しく会食。食後のコーヒーを飲みながら、お互いに交流を深めた。
受講生からは「メンバーが料理を楽しんでいるのが実感できた」
「自主的に活動しているのが印象的だった」「笑顔がすばらしい」等々の感想が寄せられた。
また、メンバーからは「そもそも介護予防とは?」「認知症かどうかを見分けるにはどうしたらよいか?」等の質問も出て大変和やかな雰囲気で時間があっという間に過ぎていきました。。
(文責及び写真:名取)


八幡山にて


烏山にて

発足当時のメンバー中心に「龍さんを偲ぶ会」を開催!!

7月13日、龍さん馴染の店“カフェー・ダデイ”に龍さんの奥様をお迎えし、6月2日に急逝された龍 国朝さんの偲ぶ会を開催しました。
【おとこの台所】生みの親である、せたがや福祉サポートセンター代表の光岡さんの挨拶と名取さんの献杯で会はスタート。
最初に【おとこの台所】をともに立ち上げたメンバーの平野さんからボランティア協会の講座で光岡さんの魅力ある話を聞いて光岡さんの所に研修に行ったところで龍さんに出会ったこと、そこで光岡さんの提案で【おとこの台所】を立ち上げたこと、何もできないので会計と会計報告を兼ねて【おとこの台所】だよりを担当したことなどが話されました。
ついで小竹さんから参加当初から龍さんに料理を怒られながら習ってきたこと、4年後上馬に拠点を開くとき龍さんから“4年間君を見てきたが、今ではレシピがしっかり読めるようになっている”と、そこの厨房をまかされて大変うれしかったとが話されました。
その後、各参加者がそれぞれ龍さんについての思い出が話されました。
最後に龍さんの奥様に、龍さんとの馴れ初めについて質問が出され、龍さんのお父様からの強い勧めがあって結婚したとの興味深いお話があり、お開きとなりました。  (記事:平野氏 写真提供:岡氏)


主催者:光岡さんの挨拶


各人の思い出話


奥様を囲んで・・・

小竹智久氏「傘寿をお祝いする会」開催

おとこの台所の創設者の1人、「小竹智久」さんの「傘寿」のお祝いの会が6月1日(金)の13時半から、明大前の喫茶「ダディ」で開催されました。
23名の方が集まり、楽しく談笑しました。
小竹氏の話の中で、病気で倒れて病院に運び込まれて「命を救われたのも、おとこの台所の人のおかげ」しかも手術後6日間の意識不明時に、天の声で「君には おとこの台所で活躍してもらわなくてはならない」と言われてドンと突き出されて「意識が回復」医者がその精神力に驚いたという話。
小竹氏にとっては 「おとこの台所」との関わり合いは切っても切れない関係だそうです。人生100年時代、小竹氏のますますの「健康と活躍」を期待して散会しました。            写真撮影 上杉英俊  文責 大場洋司


小竹さん 傘寿会 花束


小竹さん 傘寿会 集合

平成30年度さつき祭  開催されました

5月16日(水曜日)三茶シャレナード5階。オリオンで「おとこの台所の平成30年度さつき祭」が開催されました。
132名の参加者で会場は満杯、開催時間を15分繰り上げて開始
名取代表のあいさつ、光岡さんの「おとこの台所の発祥を聞き、水沼副代表の「乾杯」の発声・ビールが冷えていて美味しかったこと、幹事役の烏山の苦心を感じました。恒例の皆勤賞は28名の方が対象となり上北沢の台所大矢さんを総代にして名取氏から授与されました。
バンド演奏は 「ロスコンパニョロス」、特に「平成30年さつき祭の歌」が披露されて楽しみ、ビンゴゲームで盛り上がりました。
最後に記念撮影をして15時に散会しました。充分 さつき祭を楽しんでまた来年の再会を約して、烏山の冨澤氏の手締めで終了しました。    (写真撮影 上杉英俊、文責 大場)

「鎌倉めぐり」の最後は鎌倉山

2年前に鎌倉を10地区に分けて鎌倉の全てを回るという企画で始めた「鎌倉めぐり」は今回の14回目で最終回となりました。
大船駅から湘南モノレールで湘南深沢駅で降りてまず仏行寺を目指しました。仏行寺は鎌倉一のつつじの名所ですが、この時期は残念ながら花の時期を過ぎていました。仏行寺から三嶋神社の前を通って夫婦池へ。夫婦池のほとりを歩いてその奥の森のさんぽみちを10分ぐらい歩いて木作りの階段を上がると鎌倉山のバス道へ出ました。夫婦池公園の看板とともに鎌倉山の碑が建っていました。ここからはバス道を歩いて鎖大師青蓮寺へ。バス停鎖大師入口からバスで鎌倉駅へ。
新緑の中曇り空でしたが何とか雨にも降られず楽しい散歩となりました。最後は八幡宮前のそばや繁茂でビールで乾杯のあと焼酎の蕎麦湯割りを楽しみましだ。
「鎌倉めぐり」の次のシリーズとして2月から始めた「ぶらり鎌倉」アラカルトは皆さんの要望をもとに適宜企画していきたいと思っています。
案内をご希望のかたは【おとこの台所】(松原)の平野までご連絡ください。 (文責・写真 平野)


仏行寺庭園にて


鎌倉山の碑の前で

各台所の代表・スタッフとお花見をしました

3月24日12時半頃から「羽根木公園」の満開の桜の木の下でお花見をしました。会場の混雑を予想して、早朝から場所取りを行いましたが、人が少なくて簡単に良い場所を(桜の木の下で)見つけました。
参加者は20名で「4月のお花見料理」を味わいつつ楽しみました。
お酒が切れたら(用意した日本酒を飲み干したら)終わり。
おとこの集団味気なく解散しました。                   写真提供 芝池、文責 大場

ぶらり鎌倉アラカルト(1) 2月28日 水曜日

参加する人の希望に合わせて「鎌倉を歩く」シリーズの1回目の開催です
今回は 梅探索 です
天気に恵まれ梅もきれいに咲き誇り 鎌倉市街を平野さんの先導で楽しんで歩きました。コースは金沢海道を歩くコースで14名の参加のもとで歩きました。光蝕寺~明王院~浄称寺~報国寺~荏柄天神~そばや繁茂で解散。
庭園がきれい、梅もどこも満開、その上あたたかい日差しで のどが渇き、そばや繁茂でビールがおいしかったこと。      (文責 大場)


「浄妙寺山門前にて」

「NHKごごナマに生出演」

1月9日にNHKの生番組「ごごナマ」に名取代表と八幡山の新川さんが出演しました。
番組の中で「こんにゃくのゴルゴンゾ―ラ風」を実際に作り、出演者に試食してもらって、大好評でした。
「おとこの台所」の良い紹介になりました。       (文責 水沼)

 

 

 

 

第37回「区民ふれあいフェスタ」に出店!!

12月3日(日)昨年に引き続き、世田谷区役所中庭に「世田谷区視力障害者福祉協会」として出店した。今回は主催団体の要望があり、カレーライス100食分を用意したが、12時半過ぎには出店団体のなかで1番最初に完売となった。
午前10時スタートと同時にハンデイキャップのある人達が笑顔で大勢参加し始め、気が付けばあっという間に80食以上が販売されていた。
顔を見せてくれた保坂区長も、次の予定を繰り延べて食べたカレーの美味しさに満足げでした。また、途中で電源が切れるハプニングが発生し、約30分間ほど販売を中断せざるを得ない状況に一時はどうなるかと心配でしたが、「まだですか・・・」と2回も顔を見せてくれた園児が、やっと受け取った時の嬉しそうな笑顔に一同ホットした次第。
やることをやり終えた満足感と心地よい疲れを癒す打ち上げ会を烏山で行い解散となった。
(文責・写真) 名取順一


賑わいを見ぜる中庭会場


カレーを味わう保坂区長